お役立ち情報 <むちうちの種類や程度>

 

 

むちうちの種類や程度


むちうち損傷は頸椎の急な過伸展、過屈曲(頭が前後にすごく振られる)による障害で、頸椎や筋肉・靭帯・神経・血管などの損傷が考えられます。

種類としては、1頸椎捻挫型 2バレー・リュウ型 3神経根型 4脊髄型(脊髄振盪症)などがあります。

1、 頸椎捻挫型

ムチウチ損傷の軽度なもので、約80%はこの症状です。
椎間関節やルシュカ関節(頸椎の横側にある小さい関節)を障害するため、頚や肩周りの筋肉の緊張を促して痛みが現れます。
知覚異常や頭重感・頭痛、上肢の疲労感・脱力感などの症状もみられることがあります。
約3週間で軽快しますが、数か月愁訴の持続することもあります。



2、 バレー・リュウ型

1の頸椎捻挫型に、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、夜間上肢のしびれなどの不定愁訴がみられます。
損傷時に、頚部交感神経、椎骨動脈を障害されたことにより起こるとされています。

3、 神経根型

椎間関節やルシュカ関節により末梢神経を一過性に障害したもので、上肢の弛緩性麻痺(力が入らない)や感覚のマヒなどが現れます。咳、くしゃみ、頸椎の過伸展・側屈回旋(上を向いたり、振返り)によって症状が強く出たりします。

4、 脊髄型

頸椎の脱臼骨折を合併した場合や頸椎症・後縦靭帯骨化症OPLL(高齢者に多い)を伴う場合は、脊髄症状を呈することがあります。
症状は下肢よりも上肢に著名で、頭に近い頸髄が障害されると呼吸麻痺により死の転帰をとることもあります。
脊髄振盪症・・一過性の脊髄損傷様の症状を呈するもので、下肢の感覚・運動から順次回復していきます。

むちうちと言っても軽度なものから深刻な症状のものもあります。交通事故は加害者も被害者も大変な思いをします。交通事故を起こさないよう、交通法規を遵守して安全運転を心掛けましょう。

 

 

えくぼ鍼灸院・接骨院ご予約フォーム・お問い合わせ